提携:ソリトンが開発した検疫システムをH3C製スイッチに搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ソリトンが開発した検疫システムをH3C製スイッチに搭載


掲載日:2008/02/01


News

 株式会社ソリトンシステムズは、H3Cテクノロジージャパン株式会社と協業し、ソリトンが開発したWindows Server 2008対応の検疫ネットワークシステムを搭載したH3C製スイッチ「S3100」シリーズ/「S5100」シリーズを、発売する。

 ソリトンが開発したのは、Windows Server 2008のNAP(ネットワークアクセス保護)に対応した検疫ネットワークシステム。Windows Server 2008のアーキテクチャでは、サーバは検疫条件の設定/管理を行なうネットワークポリシーサーバとして機能し、Windows Vistaまたは将来リリースされるWindows XPのサービスパックが導入されたPCが検疫の検査対象端末として動作し、検疫ネットワークが構築される。

 DHCP(IPアドレス自動割当方式)ベースの検疫手法“NAP-DHCP”を強化しており、固定IPアドレスを持っている端末も対象となるほか、正規ではないDHCPサーバが設置された場合でも、不正に持ち込まれた端末に対するセキュリティ対策を可能とする。更にユーザ単位でのIPベースのアクセス制御機能にも対応する。同システムが「S3100」シリーズの8/16/24ポートと「S5100」シリーズの24/48ポートの計5機種に搭載され、ソリトンから発売される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 【ServiceNow Japan】 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 【SAS Institute Japan】 セキュア Web ゲートウェイ 【シマンテック】 “現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 【Gigamon】 自動車に不可欠の「オープンソース」――利用拡大で脆弱性の課題が深刻化 【ブラック・ダック・ソフトウェア】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本 “現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 自動車に不可欠の「オープンソース」――利用拡大で脆弱性の課題が深刻化

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021109


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ