提携:ソリトンが開発した検疫システムをH3C製スイッチに搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ソリトンが開発した検疫システムをH3C製スイッチに搭載


掲載日:2008/02/01


News

 株式会社ソリトンシステムズは、H3Cテクノロジージャパン株式会社と協業し、ソリトンが開発したWindows Server 2008対応の検疫ネットワークシステムを搭載したH3C製スイッチ「S3100」シリーズ/「S5100」シリーズを、発売する。

 ソリトンが開発したのは、Windows Server 2008のNAP(ネットワークアクセス保護)に対応した検疫ネットワークシステム。Windows Server 2008のアーキテクチャでは、サーバは検疫条件の設定/管理を行なうネットワークポリシーサーバとして機能し、Windows Vistaまたは将来リリースされるWindows XPのサービスパックが導入されたPCが検疫の検査対象端末として動作し、検疫ネットワークが構築される。

 DHCP(IPアドレス自動割当方式)ベースの検疫手法“NAP-DHCP”を強化しており、固定IPアドレスを持っている端末も対象となるほか、正規ではないDHCPサーバが設置された場合でも、不正に持ち込まれた端末に対するセキュリティ対策を可能とする。更にユーザ単位でのIPベースのアクセス制御機能にも対応する。同システムが「S3100」シリーズの8/16/24ポートと「S5100」シリーズの24/48ポートの計5機種に搭載され、ソリトンから発売される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

「なりすまし・詐欺メール攻撃」徹底解説:5つの攻撃手法と防御策 【トレンドマイクロ】 金融業界のセキュリティ動向調査:犯罪被害からGDPR対応まで重要課題を一挙解説 【トレンドマイクロ】 大手企業の防御を突破した攻撃者の手口とは? 事例に学ぶ「侵害後」の考え方 【サイバーリーズン・ジャパン+他】 自社のセキュリティは本当に安全? 疑似サイバー攻撃でリスクや脆弱性を可視化 【ラック】 マルチOS対応 検疫アプライアンス QuOLA@Adapter 【エイチ・シー・ネットワークス】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
「なりすまし・詐欺メール攻撃」徹底解説:5つの攻撃手法と防御策 金融業界のセキュリティ動向調査:犯罪被害からGDPR対応まで重要課題を一挙解説 大手企業の防御を突破した攻撃者の手口とは? 事例に学ぶ「侵害後」の考え方 自社のセキュリティは本当に安全? 疑似サイバー攻撃でリスクや脆弱性を可視化 検疫に特化したアプライアンス製品。
必要なときに検疫プログラムをダウンロード・実行でき、持込み環境にも対応。
OSやネットワークごとに検疫内容を細かく指定できる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021109


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ