ktk、7つのサービスから選択できるメールセキュリティASPを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ktk、7つのサービスから選択できるメールセキュリティASPを発売


掲載日:2008/01/30


News

 ケイティケイ株式会社は、メールのセキュリティに特化したASP版総合サービス「@Securemail」を、1月より順次発売する。

 「@Securemail」は、7つのサービスから必要な機能を自由に組み合わせて利用できるASP版総合サービス。メールサーバのホスティングサービス「@Securemail MAIL-BOX」や、迷惑メール検知/アンチウイルスサービス「Anti-Spam&Virus」、電子署名付加サービス「SPIS-BOX+Sign」が用意されているほか、メール暗号化サービス「SPIS-BOX+Crypt」では公開鍵自動送付機能により、受信先でも暗号化メールを容易に復号することができる。

 メール送受信履歴管理サービス「SPIS-BOX+Log」では、送受信メールと添付資料の保管が可能で、暗号化による保存や改ざん防止機能により、保存されたメールの信憑性を向上させることができる。また、インターネットに接続されたPCから国内/海外のFAXへメールでFAX送信できるNTTコミュニケーションズ株式会社のサービス「iFAX」とPCの間のメール暗号化サービス「SPIS-BOX for iFAX」や、Webメール暗号化サービス「@Securemail Basic」も利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 仮想サーバの暗号化と管理、セキュリティの懸念を効率的に解消するには? 【ウインマジック・ジャパン】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 仮想サーバの暗号化と管理、セキュリティの懸念を効率的に解消するには? OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021065


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ