日本HPとコラブネット、アプリ開発時の品質管理で両社製品を連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HPとコラブネット、アプリ開発時の品質管理で両社製品を連携


掲載日:2008/01/29


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)とコラブネット・ジャパン株式会社は、アプリケーション開発時の品質管理ソリューションで両社製品を連携させ、ソースコードの開発から総合テストまで、分散型ソフトウェア開発環境を統合的にサポート可能としたと、発表した。

 今回連携されるのは、日本HPのテストプロセス管理ソフトウェア「HP TestDirector for Quality Center」と、コラブネットのバージョン管理ソフトウェア「Subversion」を含めたソフトウェア開発環境。「HP TestDirector for Quality Center」は、要件管理やテスト計画、テストの実行、不具合管理などの局面を把握できるWebベースのアプリケーションで、複数のグループによる品質プロセスを管理でき、分散環境でのソフトウェア開発を支援することができる。

 コラブネットは、「CollabNet Enterprise Edition」や「SourceForge Enterprise Edition」などの統合ソフトウェア開発環境を提供しており、共同開発のための課題管理/Wiki(複数の人が情報を付加/書き換えできるシステム)/コミュニケーション/タスク管理/セキュリティなどの機能を統合し、SaaS(Software as a Service)としてインターネット上での連携を可能とする。

 今回の連携では、コラブネットのWebサイトから無償でダウンロードできる「CollabNet Connectors to HP Quality Center」をインストールすることで連携が可能となり、ソフトウェア開発者とテストエンジニアによる分散型ソフトウェア環境のライフサイクル全般に対し、リアルタイムでの可視性が提供される。設計からテストまでを一元管理できるほか、テストで発見された不具合を開発プロセスにフィードバックするなどの工程をシームレスに可能とする。また、すべてのソフトウェアのテストが正しいテスト計画で実施されたかを確認しながら、開発プロセスの最適化を図ることもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021046


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ