松下電器、「監視映像長期バックアップシステム」の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


松下電器、「監視映像長期バックアップシステム」の新版を発売


掲載日:2008/01/28


News

 松下電器産業株式会社は、システムカメラの録画映像を大容量テープ“LTO”(Linear Tape-Open)にバックアップするためのシステム「監視映像長期バックアップシステム」をバージョンアップし、発売した。価格は、オープン価格となっている。

 今回のバージョンアップでは、カメラ台数が最大で640台、テープ容量が最大で768TBに対応し、より多くのカメラの監視映像を、より長期にわたり、テープ装置にバックアップ可能となった。同社製NDR(ネットワークディスクレコーダ)と同ソフトを組み込んだサーバシステムを組み合わせることで、複数の拠点に設置したNDRに記録された監視映像をIPネットワークでセンタに転送し、一元管理で映像をテープ装置へ蓄積することができる。

 テープ装置の容量選択により、長期にわたっての映像履歴の蓄積/管理が可能で、各拠点での操作は不要となっている。自動バックアップにより、人的ミスによる記録漏れや記録損失を回避できるほか、日常のオペレータ作業が不要なため、作業負荷/人的コストを低減することができる。また、パッケージソフトとして提供されるため、同社製NDRと組み合わせることで短期間で導入/運用することができる。カメラ数台の小規模な構成から数百台の大規模なシステムまで対応でき、導入における様々な条件に応じて個別のカスタマイズも提供される。


出荷日・発売日 2008年1月25日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 Quest バックアップ・DR関連ソリューション 【日本クエスト・ソフトウェア】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 今さら聞けない「重複排除バックアップ」の基本原理――最新技術と効果を学ぶ 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021040


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ