ロゼッタ、インターネットと人工知能を融合させた自動翻訳機発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロゼッタ、インターネットと人工知能を融合させた自動翻訳機発売


掲載日:2008/01/25


News

 株式会社ロゼッタは、医薬/バイオ/化学/技術系のメーカーやIT企業向けに、インターネットと人工知能技術を融合させた英日/日英自動翻訳機「熟考Ver2.0」を、発売した。

 「熟考Ver2.0」は、ASPによるオンラインサービス。あらかじめプログラミングされた翻訳DBや構文ロジックを参照するほか、インターネットを利用し、前後の文脈から自動的に適訳を判断するロジックを用いており、約7割の翻訳精度を達成している。ASPのため、インストール不要でPCへの負荷を抑えることができ、バージョンアップは自動/無償で行なわれる。翻訳者によるリライトサービスなどのオプションや、複数アカウント契約のディスカウントパッケージも用意されている。なお価格は、初期費用(アカウント設定費用)10万円、年額11万円で、翻訳量は無制限となっている。


出荷日・発売日 2008年1月23日 発売
価格 初期費用:10万円/年額:11万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021014


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ