東芝、企業向けノートPCとデスクトップPCのラインアップを刷新

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、企業向けノートPCとデスクトップPCのラインアップを刷新


掲載日:2008/01/24


News

 株式会社東芝は、企業向けノートPCのラインアップを刷新し、1月30日より順次発売する。

 今回発売されるのは、薄型化/軽量化や駆動時間延長、堅牢性向上を図ったモバイルノートPC「dynabook SS RX1」と、小型化/機能充実を図ったモバイルノートPC「dynabook SS M41」、堅牢性とセキュリティに優れたビジネスノートPC「dynabook Satellite K21」、様々なインターフェースを搭載し既存資産を利用できるビジネスノートPC「dynabook Satellite J71」。「SS RX1」は、CPUにCore 2 Duoプロセッサ超低電圧版U7600を搭載している。剛性に優れた本体とウォーターブロック構造を採用し、ドイツの認証機関“TUV Rheinland Group”による100kgf面加圧テストや75cm落下テスト、水/コーヒー/コーラなどの浸水テストに合格している。

 「SS M41」は、ワイド液晶を採用した2スピンドルのモバイルノートPC。ブリッジメディアスロットやi.LINKコネクタなどを備え、拡張性に優れている。Core 2 DuoプロセッサT7250を搭載したモデルも用意されている。「Satellite K21」は、15.4インチワイド液晶を搭載した2スピンドルのノートPCで、基板設計や筐体設計、搭載部品の個々の設計、更に製造工程でも品質を向上させ、故障率の低減を図っている。Core 2 DuoプロセッサT7250搭載モデルも追加された。

 「Satellite J71」は、15インチ液晶を搭載した3スピンドルのノートPC。FDD(フロッピーディスクドライブ)やシリアルコネクタ、PS/2コネクタなどを搭載し、従来のメディアや周辺機器への対応を可能としている。Core2 DuoプロセッサT7250搭載モデルやCeleronプロセッサ540搭載モデルが用意されている。また、パスワードや暗号鍵を管理するTPMセキュリティチップや、HDDクラッシュを防ぐ応力分散ドーム式構造など、様々なセキュリティ対策が施されている。なお同社は、デスクトップPC「EQUIUM」シリーズのラインアップも刷新し、2月6日より順次発売する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020997


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ