リコー、省エネ/リサイクルにより環境性能に優れた複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、省エネ/リサイクルにより環境性能に優れた複合機を発売


掲載日:2008/01/23


News

 株式会社リコーは、省エネ技術/リサイクル技術により環境性能に優れたデジタル複合機「imagio Neo 753RC/603RC」シリーズを、2月20日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「imagio Neo 753RC/603RC」シリーズは、使用済みの「imagio Neo 753/603」シリーズを回収/再生処理し、品質保証したRC(リコンディショニング)機。リユース部品使用率は88%(質量比平均)を達成している。「753RC」シリーズは毎分75枚、「603RC」シリーズは毎分60枚(いずれもA4ヨコ送り)の連続コピーが可能なほか、リユース部品を使用したフィニッシャを標準装備し、丁合いからステープル、パンチ穴あけなどの後処理を自動化することができる。スキャナ/プリンタ機能を標準搭載した「753RC モデル75」/「603RC モデル75」も用意されている。

 「753RC」シリーズは、定着部の補助電源に蓄電デバイス“キャパシタ”を利用し、待機時に蓄電した電力を必要な時に供給する省エネ技術“HYBRID QSU”により、エネルギー消費量117Wh/hを達成している。「603RC」シリーズは“QSU”技術により57Wh/hを達成している。両シリーズとも、省エネモードから30秒以下で復帰することができる。

 ログインユーザ名とパスワードにより個人認証を行ない、コピー/スキャナなど機能ごとに利用制限を設定することができる。Windows NT環境/Active Directory環境/Lotus Notes環境といった既存の認証システムと連携させることもできる。「モデル75」は、印刷した紙文書からの情報漏洩を抑止する“不正コピー抑止地紋印刷機能”を標準搭載している。本体のHDDに一時的に記録された画像データを上書き消去するオプションも用意されている。

 1パス両面スキャン機構により、両面原稿も片面原稿と同速の毎分75ページの読み取りが可能となっている。読み取った文書を、ネットワーク上のWindows PCの共有フォルダに直接保存できる“スキャン to フォルダー”や、メールの添付文書として直接送信する“スキャン to E-Mail”も可能となっている。


出荷日・発売日 2008年2月20日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020987


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ