HPCシステムズ、RAID 10で実効容量2.5TBのファイルサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


HPCシステムズ、RAID 10で実効容量2.5TBのファイルサーバを発売


掲載日:2008/01/23


News

 HPCシステムズ株式会社は、ミラーリングしたグループをストライピングすることで堅牢性とパフォーマンスを両立させる“RAID 10”構成で2.5TBの実効容量を確保し、ジャーナリング機能を持つファイルシステム“XFS”に対応したNAS(ファイルサーバ)「HPC3000-XC104FS15R3」を、発売した。

 「HPC3000-XC104FS15R3」は、3u(1u=44.45mm)ラックマウントシャーシにSATA(シリアルSTA)HDDを15台搭載したNAS。HDDは、RAID用に10台、ホットスペア用に2台、システム用に2台、予備用に1台で構成されている。RAID 10構成でHDDに故障が生じた場合には、RAID 1ペアの片方のみの故障であればそのHDDを排除し、あらかじめ組み込まれていたスペアディスクを使用してRAIDボリュームを再構築することで元のまま運用を再開することができる。障害時には警告音とメールで通知され、障害ディスクの排除からRAID再構築までが自動で行なわれる。スペアディスクの交換もレバー操作で容易に行なうことができる。

 RAIDコントローラには3Ware 9650SEを採用し、優れたメンテナンス性と稼働の安定性を確保している。また、“XFS”に対応したフリーのLinux「CentOS 4.4」を採用して全般的なパフォーマンスを向上させており、RAID領域の使用率がフルに近づいてきた際にもパフォーマンスを維持可能となっている。メモリ容量は最大8GBまで搭載でき、複数ユーザからアクセスが頻繁に発生する利用環境ではメモリ容量を増強することでレスポンス低下を抑えることができる。

 製品ごとにエージングテストを行なって出荷されており、初期不良を抑えダウンタイムの縮小が図られている。設置時には、ユーザの利用環境に合わせたネットワーク設定やNFS(Network File System)設定、ファイルサーバシステム監視などのセットアップが実施され、直ちに運用を開始することができる。同社スタッフによるサポートプログラムも別途用意されている。


出荷日・発売日 2008年1月21日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 非構造化データを活用する際に欠かせないストレージの要件とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】
NAS NAS
オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは? データ分析用ストレージ、フラッシュタイプを選択する際に気をつけたいこと

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020980


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ