ed-contrive、社外使用履歴を一元管理できる暗号化USBメモリ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ed-contrive、社外使用履歴を一元管理できる暗号化USBメモリ発売


掲載日:2008/01/18


News

 イーディーコントライブ株式会社は、社外での使用履歴を一元管理できる強制暗号化セキュリティUSBメモリ「SD-Container Log」を、2月下旬より発売する。

 「SD-Container Log」は、パスワード認証やデータの強制暗号化に加え、使用履歴の保存機能を実装したUSBメモリ。インターネット接続環境下では、使用履歴をインターネット経由でサーバへ収集することで、社内外を問わずUSBメモリの使用履歴をログとして自動的にサーバに保存する。オフラインまたはインターネットに接続できなかった場合には、USBメモリ内に使用履歴を蓄積し、インターネットに接続できる環境で使用した際にまとめて収集する。これにより、システム管理者は、専用アカウントを使用してWebブラウザ経由でサーバにログインすることで、USBメモリの社内外での使用履歴を一元管理することができる。

 紛失/盗難の際には、管理者がログ管理ページから無効設定を行なうことで、該当USBメモリがネットワーク環境下で操作された時点で遠隔ロック、またはUSBメモリ内のデータの削除を行なうことができる。なお価格は、512MB/1GB/2GBモデルと管理者ツールともオープン価格となっている。


出荷日・発売日 2008年2月下旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020933


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ