NEC、「産業機械業向け設計-生産連携ソリューション」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、「産業機械業向け設計-生産連携ソリューション」を発売


掲載日:2008/01/18


News

 日本電気株式会社は、個別受注生産型の産業機械業界向けに、部品表や図面などの設計情報と生産計画/購買/製造指示などの生産情報を“製番管理方式”を用いて一元管理可能とする「産業機械業向け設計-生産連携ソリューション」を、発売した。

 「産業機械業向け設計-生産連携ソリューション」は、同社製PDM(技術情報管理)パッケージソフト「Obbligato II」とスウェーデンIFS製ERPパッケージソフト「IFS Applications」を連携させる標準ソフトウェア(テンプレート)に加え、製品部品をモジュール化/標準化するコンサルティングサービスを提供するソリューション。“製番管理方式”は、受注単位(製品/半製品)に個体ごとの識別番号である製番(製造番号/工事番号)を付与し、生産計画の立案、製番に基づく部品や資材の発注を行なう生産管理の手法で、同ソリューションでは同手法を販売/設計領域まで拡大して適用する。

 これにより、製品仕様確定前の標準部品の見込手配や長納期部品の先行手配、設計-生産部門間の設計変更情報の正確/迅速な反映を可能とし、生産リードタイムを短縮させることができる。プロジェクト全体の進捗状況やコストの把握も可能となる。また、標準ソフトウェアの活用により、PDM/生産管理の両システムの連携で、システム構築期間と開発コストを最大50%削減することができる。SOA(サービス指向アーキテクチャ)の技術をベースとしているため、業務プロセスの変更や市場環境の変化にともなうシステム更新にも柔軟に対応することができる。

 なお、標準ソフトウェアは「Obbligato II-IFS Applications連携テンプレート」という名称で3月より出荷され、価格は1800万円からとなっている。


出荷日・発売日 2008年1月16日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PLM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PLM」関連情報をランダムに表示しています。

「PLM」関連の製品

PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」 【コア】 PLMソリューション「Obbligato III」 【NEC】
PLM PLM
BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、PLM/PDMとして必要な機能を実装し、小規模での導入も可能なPLM/PDMソリューション。 さまざまな技術情報を統合管理し、グローバル開発における製品情報共有基盤を構築。
電機・機械を始め幅広い業種の企業で採用されている国内トップシェアのPLM製品。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020930


IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ