リコー、カラースキャナ搭載のモノクロ複合機4シリーズを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、カラースキャナ搭載のモノクロ複合機4シリーズを発売


掲載日:2008/01/17


News

 株式会社リコーは、カラースキャナを搭載したモノクロデジタル複合機4シリーズ15機種を、2月6日より順次発売する。

 今回発売されるのは、連続コピー速度が毎分25枚(A4ヨコ/片面時)の「imagio MP 2550」シリーズと、毎分33枚の「MP 3350」シリーズ、40枚の「MP 4000」シリーズ、50枚の「MP 5000」シリーズ。「MP 4000/5000」シリーズは両面コピー機能を標準で、「MP 2550/3350」シリーズはオプションで搭載でき、両面コピー時も片面時と同速を達成している。また、スキャナ機能搭載機では最大600dpiのスキャンが可能なほか、オプションの自動原稿送り装置を使用することで、「MP 2550/3350」シリーズでは毎分フルカラー29枚/モノクロ50枚、「MP 4000/5000」シリーズでは毎分フルカラー31枚/モノクロ61枚(いずれもA4ヨコ/200dpi文字モード)の読み取りが可能となっている。

 メールの仕組みを利用して通信する“W-NET FAX機能”や、IPアドレスを指定して直接通信できる“IP-ファクス機能”に対応でき、通信コストを削減することができる。FAX番号の入力をあらかじめ設定した回数繰り返さないと送信しない設定が可能で、番号の入力間違いによる誤送信を抑止することができる。

 本体操作部に8.5インチのカラー液晶を採用し、視認性と操作性を向上させているほか、タッチパネルやLED(発光ダイオード)ランプは色弱者の視認性/操作性に配慮した色使い/配置を採用している。トナー交換や紙詰まり処理の手順を液晶タッチパネル上にアニメーションで表示することもできる。給紙トレイは、順手にも逆手にも対応した取っ手と、軽い力で引き出せる機構を採用している。

 オプションで不正コピーガード機能に対応し、出力時に地紋を埋め込むことで、同機能対応機種でコピーすると全面グレーで印刷される。本体のHDDに登録したアドレス帳や蓄積文書のデータを暗号化するオプションや、HDDの残存データを消去するオプションも用意されている。ICカードによる個人認証に対応するオプションも2008年春に用意される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020910


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ