日本HP、安全にWeb経由でのファイル共有を可能とする製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、安全にWeb経由でのファイル共有を可能とする製品を発売


掲載日:2008/01/16


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ユーザからサーバへの直接アクセスを防ぎ、安全にWeb経由でのファイル共有を可能とするリバースプロキシ型のファイルサーバソリューション「HP IceWall File Manager 3.0」を、発売した。最小構成価格は、190万円からとなっている。

 「HP IceWall File Manager 3.0」は、ファイルサーバとクライアントPCとの間でリバースプロキシとして動作し、ファイルサーバの機能を強化する製品。ユーザはファイルサーバに直接アクセスせず、Webブラウザから同製品が提供する操作画面を通してファイルを取得/操作する。その際、ドラッグ&ドロップによるファイル操作やアクセス制御、アクセスログ管理などの機能を同製品が提供するため、ユーザの利便性向上に加え、ユーザの利用状況を正確に把握可能とし、ファイルサーバの内部統制強化を支援する。

 ネットワーク上のファイルサーバとクライアントPCの間にリバースプロキシ型サーバを設置することで容易に導入でき、個々のクライアントでの特殊な設定は不要となっている。また、アクセスしたファイルのデータを一度クライアント側にキャッシュ(一時保存)するため、通信回線の速度が十分でない環境でもユーザのストレスを抑えることができる。画面や機能を容易に追加/変更するためのAPI(Application Program Interface)も提供されるため、セキュリティを確保しながらユーザのファイルサーバ環境に合わせた最適化が可能となる。

 ユーザや他のシステムからファイルサーバへの直接アクセスを遮断するリバースプロキシ機能と、部署/役職などによりに割り当てられた権限に応じて許可されたユーザの要求のみをファイルサーバに中継するアクセスコントロール機能により、セキュリティリスクからの防御を提供する。証跡ログも生成できるほか、認証機能を備えた「HP IceWall SSO」製品と連携することで、ファイルサーバを含めたWebアプリケーションのシングルサインオン環境を構築することもできる。


出荷日・発売日 2008年1月15日 発売
価格 最小構成価格:190万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 AXIOLE 【ネットスプリング】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 脅威は外部攻撃だけではない 内部からの情報漏えいを防止する4カ条 知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020898


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ