フロントライン、Leopard対応の複製/ファイル復旧ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フロントライン、Leopard対応の複製/ファイル復旧ソフトを発売


掲載日:2008/01/16


News

 株式会社フロントラインは、ボリューム複製機能とリカバリ機能を備えたMac OS X 10.5(Leopard)対応ソフト「コピーキャットX 4.1」と、更にファイル復旧機能を搭載した「ファイルサルベージ 6 PRO」を、2月7日より発売する。

 「コピーキャットX 4.1」は、Mac OS Xの起動ボリューム(パーティション)とデータボリュームを数クリックで迅速に複製できるユーティリティ。Boot Camp(Mac OS XとWindows XP/Vistaのデュアルブート環境を作るためのツール)ディスクに対応しているほか、Macに加えWindowsやLinuxのディスク全体を複製することができる。また、イメージサイズのオプションを強化したリカバリ(復元)複製機能により、不安定なHDDや瑕疵のあるCD/DVDから、可能な限り同じ内容を持った、正常に読み書きできるイメージファイルを作成することができる。

 「ファイルサルベージ 6 PRO」は、「コピーキャットX 4.1」と「ファイルサルベージ 6」の2製品から構成されている。「ファイルサルベージ 6」は、削除したファイルに加え、メディアの欠陥や、初期化/フォーマットしてしまったディスク上のファイルを復旧することができる。画像/音声/動画データは復旧する前にプレビューし、内容を確認することができる。また、ディスクのセクタ(コンテント)内容を検索するスキャン技術により、メディア/デバイスやファイルシステムに依存せずに復旧することができる。

 今回のバージョンでは、既存の対応ファイルタイプ以外のファイルを復旧したい場合、10個以上のサンプルファイルをアプリケーションにドロップすることで、それらのファイルを自動的に解析して対応ファイルタイプに追加する“カスタムファイルタイプ”機能が搭載された。また、ファイルに埋め込まれた別の種類のファイル(データ)を検索/復旧できる機能も搭載されている。


出荷日・発売日 2008年2月7日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバーOS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバーOS」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020896


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバーOS > その他サーバーOSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ