クロスランゲージ、医学用英日/日英翻訳ソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クロスランゲージ、医学用英日/日英翻訳ソフトの新版を発売


掲載日:2008/01/15


News

 株式会社クロスランゲージは、医学専門辞典「ステッドマン医学大辞典」の最新版「改訂第6版」を搭載した医学用英日/日英翻訳ソフト「MED-Transer 2008 for Windows」/「翻訳ピカイチ メディカル 2008 新ステッドマンパック for Windows」を、2月8日より発売する。

 両製品とも、「改訂第6版」のデータをベースに翻訳用に辞書化し、翻訳実行時に「改訂第6版」の訳語による信頼性に優れた翻訳結果を提供する医学用英日/日英翻訳ソフト。「CD-ROM版ステッドマン医学大辞典 改訂第6版」も含み、PC用の電子辞書としても利用することができる。また、IE/Word/Excel/PowerPointに翻訳機能を追加するアドイン機能を標準装備しており、アドインボタンを押すことで、レイアウトを保って英日/日英の翻訳を実行することができる。PDFファイルでは、右クリック操作でレイアウトを保ってAdobe Reader/Acrobatに翻訳結果を表示することができる。

 「MED-Transer」では、機械翻訳(翻訳ペイン)/人間翻訳(翻訳メモリペイン)/電子辞書・用例参照(辞書ペイン)が1つの画面に集約された“スタジオ・インターフェース”により、翻訳作業を効率化することができる。「MED-Transer」には“翻訳メモリ機能”を利用できる「プロ版」も用意されており、人間がチェックして編集を施した完成訳と原文の対訳データをDBに登録して、以降の翻訳で同一の原文が登場した場合に完成訳を呼び出すことができる。なお価格は、「MED-Transer 2008 パーソナル for Windows」が7万8000円、「MED-Transer 2008 プロフェッショナル for Windows」が16万8000円、「翻訳ピカイチ メディカル 2008 新ステッドマンパック for Windows」が4万8000円となっている。


出荷日・発売日 2008年2月8日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

SEALS融資システム 【SCSK】 誤発送の許されない健康診断結果、佐賀県産業医学協会は自動化でリスクを解消 【ピツニーボウズジャパン】 先進事例で知る「IFRS 9」移行がもたらす幾つもの課題と解決すべき最優先事項 【SAS Institute Japan】 「IFRS9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 【SAS Institute Japan】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
誤発送の許されない健康診断結果、佐賀県産業医学協会は自動化でリスクを解消 先進事例で知る「IFRS 9」移行がもたらす幾つもの課題と解決すべき最優先事項 「IFRS 9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020892


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ