フリービット、指紋認証USBメモリによるVPNにアプリ仮想化を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フリービット、指紋認証USBメモリによるVPNにアプリ仮想化を導入


掲載日:2007/12/25


News

 フリービット株式会社は、指紋認証付きUSBメモリ1本で柔軟なVPNを利用可能とする「MyVPN USB ノード」に、アプリケーションの仮想化技術を導入し、様々なアプリケーションの携帯も可能としたと、発表した。

 「MyVPN USB ノード」は、既存のインターネットの仕組みの上に仮想的なネットワークを架設する同社の技術“Emotion Link”を採用した製品。PCではなく指紋認証付きUSBメモリ内に格納されている各種アプリケーション自体がIPアドレス(IPv4/IPv6 グローバル/ローカル)を取得してVPNを終端させることができ、ネットワーク空間で個体認識が可能で様々な機器/アプリケーションに対してインターネットサイドからアクセスできる“自律ノード”として動作可能とする。

 今回、アプリケーションの仮想化技術を導入したことで、固有のPC端末にインストールされているネイティブアプリケーションを、「MyVPN USB ノード」内のメモリ空間にインストール可能となった。「MyVPN USB ノード」内のメモリ空間にネイティブアプリケーションがインストールされていることで、固有のPC端末を持ち歩かずに、外出先などPC端末を問わず、インストール/設定が不要でネイティブアプリケーションを利用することができる。これにより、携帯したUSBメモリを任意の端末に挿すことで、指紋認証からVPN接続、アプリケーションの利用までを行なうことができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020817


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ