OKI、ICキャッシュカードのオンライン認証を可能とする製品出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OKI、ICキャッシュカードのオンライン認証を可能とする製品出荷


掲載日:2007/12/25


News

 沖電気工業株式会社は、金融機関向けに、ICキャッシュカードのオンライン認証を可能とする「IC基本形認証サーバ」を、2008年10月より出荷する。価格は、個別見積となっている。

 「IC基本形認証サーバ」は、ICキャッシュカードの金融機関間相互運用性の確保などを目的とした“全銀協ICキャッシュカード標準仕様(第2版)”に準拠し、ATM(現金自動預け払い機)と連携したICキャッシュカードのオンライン認証への移行を可能とする製品。暗号鍵を使用する認証処理をすべて同サーバで処理するため、金融機関では基幹系ホストの開発/処理負荷を抑えることができる。また、オフライン認証方式での従来処理と、オンライン認証方式で新たに必要となる処理の違いを同サーバで吸収することで、既存システムへの影響を抑え、低リスクでシームレスに移行可能となる。

 基幹系ホストとは独立したサーバ方式を採用することで、将来の機能拡張や処理能力増強などにも柔軟に対応可能な拡張性を提供する。これにより、段階的な移行や、将来の取引量増加時などにも柔軟に対応することができる。オンライン認証方式に必要となる金融機関ごとの暗号鍵の保管/管理は、HSM(Hardware Security Module)を採用した安全な仕組みで提供され、財団法人金融情報システムセンターの安全対策基準や金融庁通達などの各種セキュリティ指針に準拠することができる。サーバ本体やHSMなどの主要コンポーネントはすべて冗長構成を採用しており、可用性に優れている。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 指ハイブリッド認証 【NEC】 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 【バラクーダネットワークスジャパン】 AXIOLE 【ネットスプリング】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020814


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ