ヤマハ、24拠点のIP音声会議が可能なオーディオミキサーを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヤマハ、24拠点のIP音声会議が可能なオーディオミキサーを発売


掲載日:2007/12/20


News

 ヤマハ株式会社は、24拠点(4台連結時で最大96拠点)のIP音声会議が可能な多拠点接続用オーディオミキサー「プロジェクトフォン PJP-MC24」を、12月下旬より発売する。価格は、50万円となっている。

 「PJP-MC24」は、同社のIP電話会議システム「プロジェクトフォン PJP-100H」/「プロジェクトフォン PJP-50R」を24拠点まで接続/同時通話できる音声会議用MCU(多地点接続装置)。4台まで連結接続でき、「PJP-100H」/「PJP-50R」を96拠点まで接続/同時通話可能とする。また、オーディオポートにオーディオ機器を接続することで、多地点間の音声会議に加え、社内放送や音声通達などの音声ストリーミングにも利用することができる。

 無音圧縮技術によりノイズを抑えた多地点音声会議が可能なほか、同社のネットワーク技術により、狭い通信帯域でも多地点接続を可能としている。また、SIP(Session Initiation Protocol)サーバ機能を搭載しており、「PJP-100H」/「PJP-50R」に内線番号を割り当てて一括管理することができる。「PJP-100H」/「PJP-50R」がDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバから動的にIPアドレスを割り振られる環境でも、「PJP-MC24」で管理している同じ内線番号で運用でき、ロケーションフリーな会議を可能とする。

 端末管理/通信管理/会議管理は、すべてWebページから実行可能となっている。会議開催予約/招集機能により受発呼の手間を省き、会議予約/開催/終了を「PJP-MC24」から一括管理できるほか、会議の履歴や異常時ログもWebページから管理することができる。また、PCで会議を予約して自動的に会議を開催できるほか、会議予約なしで直ちに会議を開催する“アドホック会議”にも対応している。“アドホック会議”では、10拠点まで参加可能な会議を同時に最大30開催することができる。


出荷日・発売日 2007年12月下旬 発売
価格 50万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「電話会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電話会議」関連情報をランダムに表示しています。

「電話会議」関連の製品

Jabra EVOLVE シリーズ 【GNネットコムジャパン】
電話会議
両耳ヘッドセットを使ってみて分かった!仕事がはかどらない理由

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020785


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 電話会議 > 電話会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ