NRI、金融機関での苦情対応を支援するシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、金融機関での苦情対応を支援するシステムを発売


掲載日:2007/12/19


News

 株式会社野村総合研究所は、金融機関での顧客からの苦情全般/不満/要望に対応し、問題解決までのプロセスづくりを支援する「TRUE TELLER苦情対応マネジメントシステム Ver1.0」を、2008年1月7日より発売する。価格は、950万円からとなっている。

 「TRUE TELLER苦情対応マネジメントシステム Ver1.0」は、金融機関の営業拠点や支店、コールセンタなどに寄せられる苦情に対する企業の対応方針を情報システムに反映させた上で、一連の苦情対応を実施/管理し、更に苦情原因を把握して課題解決を図るための一貫した対応を支援するシステム。苦情対応マネジメントのための標準規格“JIS Q 10002”の指針を実現するためのIT基盤の構築を支援でき、強固な苦情対応/苦情処理態勢を築くことができる。パッケージとしてそのまま導入できるほか、個別の業務フローに対応でき、既存の顧客DBや契約情報DBと連携することもできる。

 苦情対応方針/対応プロセスの決定を踏まえ、全社的取り組みに向けた業務フローをシステムに反映させることができる。マルチチャネルで苦情を受け付けることができ、苦情の内容分類による入力項目の変更により容易に入力することができる。また、承認ワークフローを通して現場と本社機構の顧客対応意識の乖離を防ぐことができ、本社主担当部による苦情の管理/解決を可能とする。進捗管理機能も装備しており、現場や本社機構の苦情入力/承認入力をユーザ/部署単位ごとにタスク一覧で管理し、目標期日設定に応じてモニタリングすることができる。

 苦情データを蓄積/管理し、同一顧客に対する謝罪文書の管理や苦情対応の履歴管理が可能で、苦情データに対する様々な検索を行なうこともできる。また、苦情対応の進捗パフォーマンス(実施状況)を測定してその傾向を表示し、対応遅れや苦情案件の未終了、不適切な対応を監視することができる。顧客対応日数の部署/分類別集計などのレポート機能も備えている。苦情対応処理の好例をピックアップして評価/モチベーションを上げる仕組みや、苦情に対する改善策を協議する会議体支援機能も備えている。


出荷日・発売日 2008年1月7日 発売
価格 950万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020768


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ