ハイパーボックス、日本語対応のアンチスパム/ウイルスASP提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハイパーボックス、日本語対応のアンチスパム/ウイルスASP提供


掲載日:2007/12/19


News

 株式会社ハイパーボックスは、同社のホスティングブランド「ドメインキーパー」で、日本語メール利用環境に対応したアンチスパム/アンチウイルスASPサービス「スパムトラッシュ」の提供を、開始した。

 「スパムトラッシュ」は、国内での利用を前提に開発され、英語に加え日本語のスパムメールの遮断精度にも優れたサービス。機械学習理論“SVM”(Support Vector Machine)によるスパムメール学習エンジンを採用し、システムが備える16種類の多重フィルタ群との連携により未知のスパムメールにも対応することができる。また、ユーザごとに個別のブラックリストとホワイトリストを設定できるため、個人のメール環境に適した対策を行なうこともできる。

 利用者ごとに個別に管理/設定できるパーソナルコントローラが用意されており、受信メール一覧や処理結果の確認、各フィルタの選択/設定などを日本語インターフェースで行なうことができる。スパム判定メールからのブラックリスト登録や、誤判定されたメールの手動配送なども管理画面から行なうことができる。また、高度な知識や面倒なインストール作業などは不要で、すべての設定をWebブラウザから管理することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ゼロデイマルウェアから企業を守るセキュリティソリューションの実態テスト 【パロアルトネットワークス】 エンドポイントセキュリティに投資すべき理由、ウイルス対策ソフトとの違いとは 【日立システムズ】 これだけ差がつくセキュリティ“侵入後”対策――被害最小化に不可欠な対応とは 【日立システムズ】 外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】 侵入防御+EDR+MSSを低コストで実現する全方位型エンドポイントセキュリティ 【日立システムズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
ゼロデイマルウェアから企業を守るセキュリティソリューションの実態テスト エンドポイントセキュリティに投資すべき理由、ウイルス対策ソフトとの違いとは これだけ差がつくセキュリティ“侵入後”対策――被害最小化に不可欠な対応とは USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。 侵入防御+EDR+MSSを低コストで実現する全方位型エンドポイントセキュリティ

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020760


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ