日立コム、無線LANデュアル端末を接続できる中小向け製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立コム、無線LANデュアル端末を接続できる中小向け製品を出荷


掲載日:2007/12/17


News

 株式会社日立コミュニケーションテクノロジーは、小中規模オフィス向け製品マルチコミュニケーションシステム「ET-iA III」に、無線LANデュアル端末接続機能を追加し、2008年1月7日より出荷する。

 「ET-iA III」では、内線/外線あわせて18ポートの「ET-6.10iA III」、40ポートの「ET-40iA III」、108ポートの「ET-108iA III」の3機種が用意されている。今回3機種とも、KDDI株式会社のau無線LAN対応携帯電話「E02SA」と株式会社NTTドコモのFOMA/無線LANデュアル端末「FOMA N902iL」の双方に対応した。1台の端末を外出時は携帯電話として、オフィスでは内線の端末として利用でき、オフィス内では固定回線を利用して通信コストを抑えることができる。

 また同社は、キー形状/パネルデザインの変更を行なった「ET-iA」シリーズ用の多機能電話機も、2008年1月7日より出荷する。同シリーズの電話機は、携帯電話感覚で操作できるカーソルキーや、着信時にバックライト色で発信者を識別できる7色カラーバックライト付ディスプレイ、大きく押しやすいダイヤルキーなどを備え、視認性/操作性に優れている。今回、電話機操作部の全面をパネル化したほか、カーソルキーを角型形状として大型化し、上下左右のキー操作の使い勝手を向上させた。本体色は白/黒が用意されている。なお「ET-iA III」の価格は、主装置1台/多機能電話機5台の構成で42万5000円からとなっている。

  (写真:「30ボタン標準電話機(黒)」)



出荷日・発売日 2008年1月7日 出荷
価格 「ET-iA III」:42万5000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020739


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ