プラネックス、外出先でも無線LANを構築できるルータなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プラネックス、外出先でも無線LANを構築できるルータなどを発売


掲載日:2007/12/17


News

 プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、アクセスポイント/ルータ/コンバータの3つの機能を搭載し、可搬性に優れた無線LANルータ「GW-MF54G2」を、2008年1月中旬より発売する。価格は、6980円(税込)となっている。

 「GW-MF54G2」は、幅75mm×奥行き60mm×高さ23mm(アンテナ部除く)/重さ約56gと小型/軽量な無線LANルータ。ACアダプタが付属している。ブロードバンドルータなどに接続することで無線LANアクセスポイントとして利用できるほか、ホテルなどで客室のLANポートに接続することで無線LANルータとして利用でき、外出先でも容易に無線LANを構築することができる。また、無線LANコンバータとして、無線LAN機能のないPCなどを無線LANに対応させることもできる。これらアクセスポイント/ルータ/コンバータの各機能はスイッチ1つで切り替えることができる。

 IEEE802.11b/gに対応しており、無線LAN機器間の相互接続性などを証明する“Wi-Fi CERTIFIED”認証を取得している。セキュリティでは、64/128ビットWEP(Wired Equivalent Privacy)/WPA(Wi-Fi Protected Access)に加え、WPA2にも対応している。有害物質の使用量を規制する“RoHS”にも対応している。

 また同社は、無線LAN設定が容易なWPS(Wi-Fi Protected Setup)に対応し、5dBiハイパワーアンテナを搭載したIEEE802.11b/g対応無線LANブロードバンドルータ「BLW-54CW3」と、無線LANカードセットモデル「BLW-54CW3-PK」、無線LAN USBアダプタセットモデル「BLW-54CW3-PKU」も、2008年1月中旬より発売する。価格は、「BLW-54CW3」が5980円、「BLW-54CW3-PK」/「BLW-54CW3-PKU」が7980円(いずれも税込)となっている。

  (写真:「GW-MF54G2」)



出荷日・発売日 2008年1月中旬 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

「ネットワーク関連製品/サービス」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】 ケーブル型アンテナを使用した無線LAN 過酷な条件下でも安定 【東芝テック】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 「無線LAN」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】 無線LAN構築のインテグレーターに提供するディストリビューター 【ソフトバンク コマース&サービス株式会社】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
抽選で20名様に5000円分商品券★「ネットワーク関連製品」に関するアンケート トンネル内でも無線LANが使えるのはなぜ? 驚きの技術の正体とは クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
「無線LAN」のアンケート4問に回答して【ギフト券2万円分】を当てよう 「企業向け無線LAN」の導入はどうすべき? 考慮すべきポイントとは

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020734


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ