富士ゼロックス、赤黒2色コピーが可能なA2対応複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ゼロックス、赤黒2色コピーが可能なA2対応複合機を発売


掲載日:2007/12/14


News

 富士ゼロックス株式会社は、A2対応のデジタル複合機「富士ゼロックス Able 1407 λ」シリーズ3機種を、12月20日より発売する。価格は、コピー機能を備えた基本モデルの「Able 1407 λ」が174万円、基本モデルに自動両面原稿送り装置を搭載した「Able 1407 λ-D」が198万円、これらに加えプリンタ/スキャナ機能を搭載した「Able 1407 λ-P」が223万円となっている。

 「Able 1407 λ」シリーズは、毎分40枚(A4ヨコ)のコピーが可能な複合機。オプションで、毎分40枚の両面コピーも可能となっている。赤黒2色コピーや赤色の濃度変更に加え、赤色を指定濃度の黒色に変換してコピーすることができる。赤消去/黒消去機能により原稿の赤/黒の部分を消去してコピーすることもできる。操作パネルには、視認性に優れた8.5インチの液晶ディスプレイを採用している。オプションでFAX送受信機能も搭載でき、“IP-ファクス”機能により社内LANなどのイントラネットを利用したFAX通信も可能で、通信費を削減することができる。

 スキャン機能では、A2サイズで600dpi画質での読み取りや、毎分40枚の読み取り(A4ヨコ/200dpi)が可能となっている。スキャンデータを本体内の“ドキュメントボックス”に蓄積しておくことで、液晶ディスプレイによるサムネイル表示も可能となっている。セキュリティ機能として、PCからプリントアウトする際に用紙全体に“コピー禁止”などの地紋を埋め込むことが可能で、不正コピーや情報漏洩を抑止することができる。

 「Able 1407 λ-P」は、レーザープリンタのページ記述言語“RPCS”に加え、プロッタ出力言語“RP-GL”/“RP-GL/2”/RTIFFを標準搭載しているほか、そのほかのモデルでもオプションで対応することができる。また3機種とも、PDF化した図面の高速出力が可能なAdobe PostScript 3にオプションで対応することができる。


出荷日・発売日 2007年12月20日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020727


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ