日本HP、クアッドコア採用のパーソナルワークステーションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、クアッドコア採用のパーソナルワークステーションを発売


掲載日:2007/12/14


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、クアッドコアXeonプロセッサ5400番台を搭載したパーソナルワークステーション2機種「HP xw6600 Workstation」/「HP xw8600 Workstation」の固定仕様モデルを、発売した。両機種のカスタマイズ対応モデルも、12月17日より発売する。

 「xw6600」は、静音性に優れ、省スペースな本体を採用したミドルレンジのパーソナルワークステーション。「xw8600」は、最大128GBのメモリを搭載可能なハイエンドモデルで、クアッドコアプロセッサに対応したCPUソケットを2基と、SATA(Serial ATA)ポートを6基、SAS(Serial Attached SCSI)ポートを6基搭載し、拡張性に優れている。

 両機種とも、45nmプロセス技術の採用とL2キャッシュ容量の増加により優れた電力効率とパフォーマンスを提供するクアッドコアXeonプロセッサ5400番台を採用している。Xeon 5405(2.00GHz)/5420(2.50GHz)/5440(2.86GHz)/5450(3.00GHz)/5460(3.16GHz、「xw8600」のみ)から選択可能なほか、デュアルコアのXeon 5260(3.33GHz)にも今後対応が行なわれる。

 メモリコントローラとモジュールの間を1対1で接続し、モジュール上にバッファを搭載することでデータ転送を高速化したFB-DIMMメモリを搭載可能で、「xw6600」では8つのメモリスロットで最大32GBに対応することができる。「xw8600」では、マザーボード上の8メモリスロットに加え、ライザーカードにより8メモリスロットを追加でき、2008年夏発売予定の8GBメモリを使用することで最大128GBのFB-DIMMメモリを搭載可能となっている。

 グラフィックス用のPCI Express Gen2 x16スロットを2基備え、エントリーのグラフィックスカード「NVIDIA Quadro NVS290」からハイエンドの「NVIDIA Quadro FX5600」まで選択でき、最大8画面のマルチディスプレイ環境も構築可能となっている。また、電源変換効率80%以上の基準を満たす“80PLUS”認証を取得した電源ユニットを採用し、省電力化が図られている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020718


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ