ミントウェーブ、W35×D120×H145mmのシンクライアントなど出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ミントウェーブ、W35×D120×H145mmのシンクライアントなど出荷


掲載日:2007/12/12


News

 株式会社ミントウェーブは、幅35mm×奥行き120mm×高さ145mm(スタンド/突起部除く)と小型のシンクライアント「MiNT-ACC cute-30U」を、2008年2月下旬より出荷する。価格は、2万9800円となっている。

 「cute-30U」は、重さ約280g、最大消費電力約6Wのシンクライアント。同社指定機種のタッチパネルに対応するほか、外付けUSB Wi-Fiアダプタにより無線LANに対応する。別売りの取付ブラケットにより、VESA規格に準拠したディスプレイ背面に装着することもできる。同社のリモート管理ツール「MintView」の無制限ライセンスが無償提供される(登録制)。

 また同社は、B5版ノート型のシンクライアント「MiNT-ACC Note HY/U」/「MiNT-ACC Note HY/E」と、ボックス型の「MiNT-ACC BX-1500U」も、2008年1月10日より順次出荷する。価格は、オープン価格となっている。「HY/U」はLinuxベースの同社オリジナルOS“BasilWare”を、「HY/E」はWindows XP Embeddedを搭載し、12.1インチワイドカラー液晶を採用している。IEEE802.11b/g 無線LANを内蔵し、11a/b/g内蔵にも対応することができる。Express Cardスロットも標準装備している。リモート管理ツールは、「HY/U」は「MintView」に、「HY/E」はSymantecの「Altiris Deployment Solution」に対応している。

 「BX-1500U」は、CPUにVIA C7プロセッサ(1.5GHz)を採用したボックス型のシンクライアント。“BasilWare”を搭載し、デュアルモニタ/タッチパネル/無線LAN/「MintView」に対応している。ICカード内蔵モデルもシリーズ化が予定されている。いずれの製品も、Microsoftの「ターミナルサービス」やCitrix Systemsの「Citrix Presentation Server」、GraphOnの「GO-Global」といった各種SBC(Server Based Computing)に対応している。

  (写真:「MiNT-ACC cute-30U」)



出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】
シンクライアント シンクライアント シンクライアント
HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020686


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ