NetIQ、Active Directoryリソース管理ツールの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NetIQ、Active Directoryリソース管理ツールの新版を出荷


掲載日:2007/12/12


News

 NetIQ株式会社は、Active Directoryリソース管理ツールの新バージョン「Directory and Resource Administrator 8.1」(DRA 8.1)を、12月17日より出荷する。

 「DRA 8.1」は、最小限の権限移譲と集中監査を提供し、安全/容易にActive DirectoryとExchange Serverを管理可能とするツール。300以上の権限と60以上の役割により、細かな権限委譲を可能とし、Webコンソールで担当者やヘルプデスクへ容易に業務インターフェースを提供することができる。規制と同時に運用効率を向上するための仕組みを備えており、“ユーザを作成する”といった処理を起点として、“Exchangeメールボックスを作成する”/“ホームディレクトリを作成する”/“ホームディレクトリに容量制限を加える”などの一連の操作を、ツールが機械的に行なうよう設定することができる。

 権限を有効にする対象のオブジェクト/グループ/OU(組織単位)/ドメインを制限する“ActiveView”テクノロジーにより、対象となるオブジェクトのみを的確に管理可能となっている。また、オブジェクトの復元を簡素化するゴミ箱機能も備え、誤ってユーザやグループを削除してしまった場合にも、グループメンバシップなどの属性に加え、SID(セキュリティ識別子)も元のままユーザやグループを復活させることができる。権限委譲を含め、すべての操作を監査ログに記録できるため、後日の追跡が可能となっている。

 AD Lightweight Directory Service(LDS/ADAM)をサポートし、ADスキーマを拡張せずに属性を追加することができる。LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)クエリによる詳細な検索も行なうことができるほか、LDAP互換のADSI(Active Directory Service Interface)プロバイダにより、他社アプリとの連携も可能となっている。オプションとして、Exchange Server 2007メールボックスの管理に際し、コマンドインターフェース“Power Shell”の知識を不要とし、併せて管理可能とする「Exchange Administrator 8.1」(ExA 8.1)も用意されている。


出荷日・発売日 2007年12月17日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020684


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ