国際航業、住所表記ゆれを統一表記に変換するソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


国際航業、住所表記ゆれを統一表記に変換するソフトの新版を出荷


掲載日:2007/12/11


News

 国際航業株式会社は、住所データの正規化や変換ログの出力が可能なソフトの新版「住所正規化コンバータ For PAREA R5」を株式会社ジャスミンソフトと共同開発し、2008年1月10日より出荷する。

 「住所正規化コンバータ For PAREA R5」では、住所表記の“ゆれ”を統一表記に変換(正規化)できるほか、合併処理も同時に行なうため、旧住所を新住所に変換することができる。統一表記された住所を“都道府県”/“市区町村”/“地名”/“番地”/“建物”/“号室”の要素に分割し、“郵便番号”/“読みがな”/市町村コード”を付与するため、統計処理などにも利用することができる。これにより、住所表記のデータクレンジング作業を自動化することができる。

 住所から緯度経度を求めるジオコーディング処理が可能で、号レベルデータの提供により、家屋の特定までを可能とする。製品ラインアップは「クレンジング スタンダード/プロフェッショナル」/「ジオコーディング スタンダード/プロフェッショナル」が用意されている。


出荷日・発売日 2008年1月10日 出荷
価格 お問い合せ下さい

「国際航業」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020668


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ