MKI、Microsoft製品上で動く資産/障害管理支援ツールを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MKI、Microsoft製品上で動く資産/障害管理支援ツールを無償提供


掲載日:2007/12/07


News

 三井情報株式会社は、Microsoft製品上で動作可能な資産/障害管理支援ツール「Asset & Incident support tool」の無償ダウンロード提供を、開始した。

 「Asset & Incident support tool」は、IT統制やITILで求められる構成管理/インシデント管理/変更管理を支援するツール。「Microsoft System Center Operations Manager 2007」(OpsMgr)で管理されているインシデント情報と、「Microsoft Systems Management Server 2003」(SMS)で管理されているインベントリ情報を、「Microsoft Office SharePoint Server 2007」(MOSS)の画面上で一元管理可能とする。

 システム運用管理者は、クライアントPCやサーバからのログ情報を一覧することができる。ITIL Service Desk(利用者からの一元的な問い合わせ窓口)の基本部分の構築も可能となる。また、「OpsMgr」での日付/機器名/事象/対応履歴や「SMS」での機器名/設置場所などといった標準管理項目以外に、資産管理番号や障害管理番号などを追加登録することで、管理体制の向上を図ることができる。Outlookとの連携により、インシデント発生時の担当者へのアラート通知も可能とする。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】 コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド 【インフォアジャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。 設備・資産の管理、フレームワーク「PAS55」導入で得られるベネフィット

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020648


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ