ビバコンピュータ、色に関する業務向けの画像解析システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ビバコンピュータ、色に関する業務向けの画像解析システムを発売


掲載日:2007/12/03


News

 ビバコンピュータ株式会社は、デザイナー/カラーコーディネーター/カラーアナリスト/商品企画/環境色彩/マーケティング担当者など、色に関する様々な業務に使用できるデジタル画像解析システム「FeelimageAnalyzer」のダウンロード販売を、開始した。価格は、1ライセンス10万円となっている。

 「FeelimageAnalyzer」は、デジタル画像から自動的に人間の感覚に適合した色名を抽出する色名解析システムを中心に、画像やそこに含まれている色を様々な色立体にマッピングする機能や、新たな色名を作成する機能などを備えた、色解析に関する統合的なシステム。デジタルカメラなどで撮影したデジタル画像を、ドラック&ドロップまたはフォルダごと取り込むことで詳細な色解析が可能となる。

 ファジィ集合を用いて人間の感覚に即した色名の空間を規定する技術を開発することで、“赤っぽい”/“黄色っぽい”などの周辺的な範囲の解析も可能となっている。また、立方体/円柱/円錐/球などの色立体における色名の分布を見ることができるほか、画像に含まれている画素(ピクセル)を各色立体上に分布させることで、画像の持つ色の特質を明確に把握することができる。画像そのものを色立体上に配置することもでき、色立体上で画像を比較しながら見ることができる。

 現在、標準で基本色16色、慣用色130色(和名)/121色(洋名)の合計267色を解析することができる。また、様々な色票を取り込めるほか、数多くの色の商品を保有している企業の場合は、独自の色票を作成して管理し、解析することができる。


出荷日・発売日 2007年11月30日 発売
価格 1ライセンス10万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020581


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ