日本HPとMS、経営管理の強化を支援する金融機関向け製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HPとMS、経営管理の強化を支援する金融機関向け製品を発売


掲載日:2007/12/03


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社とマイクロソフト株式会社は、顧客チャネルの統合と事務ワークフローのステータスを管理する金融機関向けソリューション「楓」(Maple:Multi-channel Access/Process Linkage for Enterprise)を、発売した。参考最小構成価格は、5000万円からとなっている。

 「楓」は、マイクロソフトのBPM/業務システム連携製品「Microsoft BizTalk Server 2006」を搭載したサーバをシステム連携用ハブとして、すべての顧客チャネルのワークフローを統合/連携するソリューション。受付後の事務手配や口座登録、本人情報確認や口座開設向け審査、法務管理など、各種ヒューマンフロー(人間系のワークフロー)をワークフローエンジンサーバに記録し「Microsoft BizTalk Server 2006」と連携してステータス管理を行なうことができる。

 複数の顧客チャネルでの事務処理の作業状況を一元管理し、経営管理の強化と収益の向上を図ることができる。営業店/インターネット/FAX/携帯電話などのチャネルからアクセスされる各種手続きを管理し、ステータス情報を共有することで、営業店やコールセンタなど顧客接点を担当する行員や社員がサービスの進行状況をリアルタイムに把握することができる。これにより、顧客からの問い合わせに対する迅速で適切な回答が可能となる。

 ヒューマンワークフローとシステムワークフロー(システム側のアプリケーションをつなぐデータフロー)を連携させることで、業務プロセスを効率化/可視化することができる。これにより業務品質を向上させ、各種問い合わせで発生していた工程/業務を軽減し、運用コストの削減を図ることができる。また、内部統制による監査にも対応し、行員や社員が優れた品質の顧客サービスを提供しながら、適正な業務処理をITによって行なうことができる。


出荷日・発売日 2007年11月30日 発売
価格 参考最小構成価格:5000万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

SIerがワークフロー製品を扱うメリットは? 未経験から始めるパートナーシップ 【パナソニック ネットソリューションズ】 組織改編・人事異動に強いワークフローの作り方――負担軽減の3つの秘訣 【エイトレッド】 必要なのはWebブラウザとメールだけ、業務プロセスを一気通貫するデジタル化術 【アドビ システムズ】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
SIerがワークフロー製品を扱うメリットは? 未経験から始めるパートナーシップ 電子化だけでは解決しない、本当に業務手続きを効率化させる方法とは? 契約業務を完全デジタル化する方法 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020578


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ