マクニカネットワークス、PC Xサーバソフトの日本語新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マクニカネットワークス、PC Xサーバソフトの日本語新版を発売


掲載日:2007/11/30


News

 マクニカネットワークス株式会社は、カナダのハミングバード製PC Xサーバソフトの日本語版新バージョン「Exceed 2008J」を、12月3日より発売する。

 「Exceed」シリーズは、Windows PCの画面上でネットワークを介してUNIX/Linuxを容易に操作可能とするPC Xサーバソフトウェア。Xアプリケーションの正確な描画と高速な処理、優れた動作安定性を備えている。マクニカネットワークスでは、ハミングバードからソースコードの開示を受けて日本語版を開発することで、ユーザニーズに即した技術サポートも提供する。今回の新バージョンでは、Windows Vistaに対応したほか、Vistaを含む各64ビットWindowsにもネイティブで対応している。

 X Window Systemのバージョン「X11R7.2」に対応し、従来の商用UNIXに加え、各種Linuxのアプリケーションやデスクトップ環境でも利用可能となっている。より正確なアプリケーション表示のため、フォント関連機能の強化も行なわれている。セキュリティ面では、WindowsクライアントからUNIX/Linuxへの暗号化されていない接続要求に対して警告メッセージを表示させることで、セキュリティで保護されていないユーザからの接続を抑止可能となっている。また、“マルチプロファイルスペース機能”により、「Exceed」の設定情報やアプリケーション起動用ファイル情報などの各種プロファイル情報を一元管理し、用途に応じた配布などを可能とする。なお価格は、1ユーザが8万1900円(税込)で、サイトライセンス価格も用意されている。


出荷日・発売日 2007年12月3日 発売
価格 1ユーザ:8万1900円(税込)

関連キーワード

「マクニカネットワークス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020554


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ