NEC、仮想化基盤を組み込んだブレードサーバなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、仮想化基盤を組み込んだブレードサーバなどを発売


掲載日:2007/11/26


News

 日本電気株式会社は、IAサーバにおける仮想化製品を拡充し、仮想化に適し導入が容易なサーバ製品と、複数の仮想環境を統合的に管理可能なソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenter2.0」を、11月21日より順次発売する。

 今回発売されたサーバ「SIGMABLADE」3モデルは、性能や拡張性に優れ、仮想化環境に適したブレードサーバ。インテルバーチャライゼーション・テクノロジーを実装するクアッドコアXeonプロセッサ5400番台を採用し、最大48GBのメモリを搭載可能となっている(「Express5800/120Bb-d6、-m6」)。

 また、サーバへの組み込み用に開発されたVMwareの仮想化ソフトウェア「VMware ESX Server 3i」をあらかじめ本体に組み込むことで、仮想化プラットフォームとして提供するブレードサーバ「SIGMABLADE」/「Express5800」シリーズの2Wayラックマウントサーバの新製品が、2008年度第1四半期より製品化される。「VMware ESX Server 3i」により、導入後直ちに仮想化環境の利用が可能となっている。更に、仮想化に適した優れた可用性を提供するフォールトトレラントサーバ「Express5800/ftサーバ」でも、2008年度上半期に仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」の搭載が予定されている。

 「WebSAM SigmaSystemCenter2.0」は、混在する複数の仮想化環境と物理環境を、一元的に管理可能な統合プラットフォーム管理ソフトウェア。仮想化されていない通常のシステム環境と、「VMware Infrastructure 3」や仮想化プラットフォーム「Citrix XenServer Enterprise Edition」が混在した環境を統合し、容易に管理/運用可能とする。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020497


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ