富士ゼロックス、光源にLEDを使用した複合機など12機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ゼロックス、光源にLEDを使用した複合機など12機種を発売


掲載日:2007/11/22


News

 富士ゼロックス株式会社は、オフィス向けフルカラーデジタル複合機6機種とモノクロデジタル複合機3機種、カラーページプリンタ1機種、印刷市場向けモノクロパブリッシングシステム2機種の計12機種を、11月21日より順次発売する。

 オフィス向けのフルカラーデジタル複合機「ApeosPort-III C3300/C2200」/「DocuCentre-III C3300/C2200」とカラーページプリンタ「DocuPrint C2250」の5機種では、光源にLED(発光ダイオード)を使用したLEDプリントヘッドを搭載している。ポリゴンミラーやミラーを回転させるためのモーターなどが不要なため小型化でき、複合機ではホチキス止めが可能なフィニッシャを内部のスペースに装備可能としている。光量ムラによる画質の不安定さなどを改善しており、1200dpi×2400dpiとレーザープリンタと同等の画質を提供する。

 機械本体出力部の紙送りなどの部品に鉛を含まないシャフトを採用したほか、本体可動部分(ドラムカバー部分)に植物由来成分30重量%以上のバイオマス樹脂を使用している。また、消費電力を抑えたコントローラの採用や、効率に優れたランプ、温度制御技術などにより、スリープモード時の消費電力を1.5W以下(DCモデル)に抑えている。待機時20dB/稼働時47dB(25枚機)と静粛性にも優れている。「ApeosPort-III C3300/C2200」/「DocuCentre-III C3300/C2200」は、軽くて引き出しやすい給紙トレイや原稿読み取り部と出力部との分離設置が可能なタイプも用意されており、ユニバーサルデザインに配慮されている。

 今回発売される製品には、出力時の管理/集計/運用やセキュリティ強化を可能とする、共通のソフトウェアを搭載している。オプションの認証システムにより、ICカードをカードリーダにかざすことで容易に認証され、コピー/プリント出力されるため、取り忘れや取り間違えによる持ち出しなどを防止することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020480


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ