NECソフト、サイボウズ ガルーン2と連携できるWebメール製品出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECソフト、サイボウズ ガルーン2と連携できるWebメール製品出荷


掲載日:2007/11/22


News

 NECソフト株式会社は、サイボウズ株式会社のEIP型グループウェア「サイボウズ ガルーン 2」との連携機能を追加したWebメール製品の新版「WitchyMail V3.1」を、2008年1月下旬より出荷する。価格は、250ユーザで96万円からとなっている。

 「WitchyMail」は、メールをWebブラウザで閲覧/送受信できるWebメールシステム。Ajax技術により軽快な操作感を提供し、携帯電話のブラウザからも社内メールを送受信することができる。サーバ側でメールを集中管理し、メール情報をPCに残さずにメールを送受信できるほか、「WitchyMail」サーバ内のメール情報の暗号化や、Webブラウザと「WitchyMail」サーバ間のSSLによる安全な通信が可能で、セキュリティに優れている。

 今回の新版では、「サイボウズ ガルーン 2」との連携により、グループウェアのWebメールを「WitchyMail」に置き換えることができる。また、開封通知機能や、メールデータのインポート/エクスポート機能、POPサーバからのメールデータ全文取り込み機能が強化された。ディスク使用容量あふれの事前警告や、マーカー機能、既読/未読の変更機能などにより、使いやすさの向上も図られている。

 管理者によるポリシー設定機能も強化されており、“メールデータのエクスポート機能はユーザに利用させない”/“シグネチャは全社共通形式の初期値を運用前に設定しておき、ユーザには変更させない”など、ユーザの個人設定の初期値や利用できる機能を制限でき、システム運用やセキュリティのポリシーに合わせた柔軟な対応が可能となっている。


出荷日・発売日 2008年1月下旬 出荷
価格 250ユーザ:96万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」 【サイボウズ】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 【日本マイクロソフト】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020474


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ