CSE、本人認証/ワンタイムパスワード製品の新バージョンを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSE、本人認証/ワンタイムパスワード製品の新バージョンを出荷


掲載日:2007/11/15


News

 株式会社シー・エス・イーは、本人認証/ワンタイムパスワード製品「SECUREMATRIX」の新バージョン「Version3.2.1」を、12月14日よりダウンロードで出荷する。

 「SECUREMATRIX」は、人が頭の中に想い描くイメージとワンタイムパスワードを融合させた認証方式“マトリクス認証”を採用した本人認証システム。イメージパスワードは各個人ごとにマトリクス表の中から、好きな位置と選ぶ順番によってイメージを生成する。マトリクス表の数字は毎回変わるため、固定パスワード方式に比べ安全性が向上している。

 今回の新バージョンでは、日本電気株式会社のシンクライアント端末「US110」と連携できるほか、CiscoのSSL-VPN機器「CiscoASA 5500」シリーズとシングルサインオン連携することができる。また、ActiveX利用時の操作性が改善されたほか、Turbolinux 10 Server上でクラスタ機能の性能が改善されている。


出荷日・発売日 2007年12月14日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 【日本マイクロソフト】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 新感覚2要素認証 Mamoru 【ISAO】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】
認証 認証 認証 認証 認証
従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? ユーザーに負担をかけずにセキュリティ強化――認証システムの「次世代型」とは 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。 スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020387


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ