日立、クアッドコア/デュアルコアXeon対応サーバブレードを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、クアッドコア/デュアルコアXeon対応サーバブレードを提供


掲載日:2007/11/14


News

 株式会社日立製作所は、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS1000」と小型高集積モデル「BS320」で、クアッドコアXeonプロセッサ5400番台またはデュアルコアXeonプロセッサ5200番台を搭載可能なサーバブレードをラインアップに追加し、12月17日より順次提供する。

 「BS1000」は、性能/拡張性に優れた基幹システム向けのハイエンドモデル。今回、クアッドコアXeonプロセッサ5400番台(3.16GHz/2.66GHz)を最大2個(最大8コア)、またはデュアルコアXeonプロセッサ5200番台(3.33GHz)を最大2個(最大4コア)搭載可能なサーバブレードを追加し、処理性能を最大約1.3倍に向上させた。また、2.5インチの147GB SAS(シリアルアタッチドSCSI)HDDのサポートにより、サーバブレードあたりの最大ディスク容量が588GBに増強された。

 「BS320」は、6u(1u=約44.5mm)とコンパクトなサーバシャーシに、サーバブレード10台とLANスイッチ2台、ファイバチャネルスイッチ2台を同時に搭載でき、PCサーバ統合やデータセンター用途に適した小型高集積モデル。今回、クアッドコアXeonプロセッサ5400番台(3GHz/2.66GHz/2GHz)を最大2個(最大8コア)、またはデュアルコアXeonプロセッサ5200番台(3.33GHz/1.86GHz)を最大2個(最大4コア)搭載可能なサーバブレードを追加し、処理性能を最大約1.3倍に向上させた。また、2.5インチの147GB SAS HDDのサポートにより、サーバブレードあたりの最大ディスク容量が294GBに増強された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020368


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ