PSTC、成果物/進捗管理を重視したプロジェクト管理システム発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSTC、成果物/進捗管理を重視したプロジェクト管理システム発売


掲載日:2007/11/12


News

 パナソニックソリューションテクノロジー株式会社は、プロジェクト管理システム「GlobalProdoc」を、2008年1月15日より発売する。

 「GlobalProdoc」は、同社のドキュメント管理システム「GlobalDoc5」やワークフローシステム「GlobalFlow5」、EIP(Enterprise Information Portal)基盤「Global Portal」といった既存のパッケージツールをベースに、成果物(文書)管理と進捗管理を重視し、シンプルな仕組みを採用したプロジェクト管理システム。各ツールは、全社の文書管理システム/電子決裁システム/ポータルサイトとして、エンタープライズ利用が可能となっている。大規模/大容量のドキュメント管理に対応可能なほか、作業内容設定の自動化などにより容易に導入でき、効率的な管理を可能とする。

 プロジェクトの作業内容であるWBS(Work Breakdown Structure)をテンプレート化し、複数登録することができる。プロジェクト発足時にはベースとなるテンプレートを選択し、属性情報を指定することで必要なタスクと成果物が自動生成される。テンプレートの利用により業務プロセスを標準化できるため、作業もれや遅延などのリスクを抑制し、プロジェクトの効率的な遂行と業務手順遵守を可能とする。また、業務プロセスに合わせて柔軟にテンプレートを設定できるため、設計/開発などの専門的な業務に加え、人事/経理/企画などの汎用的な業務まで対応することができる。

 進捗状況は、ガントチャートやマイルストーン機能を使用して表示でき、責任者が各プロジェクトの進捗状況を横断的に確認することで、問題点の早期発見を可能とする。タスクと成果物を連動させて一元管理することで、管理業務の効率化も図っている。利用者の役割に応じ、管理者/プロジェクトリーダー/プロジェクトメンバーなどの詳細な権限設定が可能なほか、テナント機能を用いて複数のグループ企業などで共通システムとして使用することができる。なお価格は、10ユーザライセンス、すべての機能を新規で購入する場合で555万2400円(税込)からとなっている。


出荷日・発売日 2008年1月15日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「プロジェクト管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクト管理」関連情報をランダムに表示しています。

「プロジェクト管理」関連の製品

Sciforma 7.0 「PPMソリューション」 【サイフォーマ】 PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】 IT部門、管理者、経営者全員にメリット 驚きのサービスデスク施策とは 【クレオ】
プロジェクト管理 プロジェクト管理 プロジェクト管理
ポートフォリオレベル及びプロジェクトレベルで、スケジュール、リソース、コスト/予算の計画立案と実績の監視・コントロールや意思決定を支援するPPMツール。 ●PMBOKに準拠しプロジェクト管理の成功を支援。
●プロジェクト管理の標準化、見える化を実現。失敗プロジェクトをなくす。
●8年で140社以上の導入実績。
問い合わせ対応に追われ疲弊するシステム運用管理担当。人、コスト共に待ったなしの状況をチャンスに変える施策がある。現場に限らず経営者にもメリットがある方法とは。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020342


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > プロジェクト管理 > プロジェクト管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ