日本通信、FOMAで会社のシステムに直接接続できるサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本通信、FOMAで会社のシステムに直接接続できるサービスを提供


掲載日:2007/11/12


News

 日本通信株式会社は、iモード対応FOMA端末で会社のメールを直接読み書きし、会社のグループウェアなどに直接アクセスし、更にクライアント/サーバでの業務システムの対象とすることができるサービス「ケータイPC化サービス」を、12月より提供する。

 「ケータイPC化サービス」は、株式会社NTTドコモと日本通信を相互接続し、日本通信と法人ユーザの間を専用線接続することで、法人の社員が利用する携帯電話に会社のメールが届き、携帯電話から会社のメールアドレスでのメールを送信できるサービス。グループウェアの画面に直接接続することもでき、メール機能に加えブラウザ機能も法人の望む形態で利用することができる。

 更に、企業が自社用のiアプリ(ドコモの携帯電話上で動作するアプリケーション)を開発し、会社で利用する業務システムサーバとの間でクライアント/サーバ方式での業務システムを構築することも可能となる。今後、KDDI株式会社/ソフトバンクモバイル株式会社の携帯電話についても同様のサービス提供が図られる。なお価格は、月額料金がIDあたり1600円で、専用回線の設置費/工事費/利用料や諸税などが別途必要となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020339


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ