日本IBM、仮想化に対応したUNIXサーバ向けOSの新版などを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、仮想化に対応したUNIXサーバ向けOSの新版などを出荷


掲載日:2007/11/08


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、UNIXサーバ「IBM System p」向けOSの新版「IBM AIX V6.1」を、11月9日より出荷する。

 「AIX6」は、同社のPOWER6プロセッサの仮想化機能“ライブ・パーティション・モビリティ”に正式対応したOS。同機能は「System p」上の論理区画を、筐体間をもまたがって即座に移動させることができるため、筐体の交換や更新の際にアプリケーションの停止が不要となる。同機能は「IBM Advanced POWER Virtualization(APV)」エンタープライズ版で実現される。また、同OSはPOWER4/POWER5/POWER5+プロセッサ上でも稼働するほか、「AIX5」で開発されたアプリケーションを再コンパイルせずに「AIX6」上で稼働させることもできる。

 「AIX6」のもう1つの仮想化機能“ライブ・アプリケーション・モビリティ”を実現するソフトウェア「Workload Partition Manager for AIX」も、11月9日より出荷される。“Workload Partition”は、1つの論理区画内で複数の「AIX6」のインスタンスを稼働させる技術で、同機能により、論理区画上のある「AIX6」“Workload Partition”を、アプリケーションを稼働したままその環境ごと、同じ筐体内または異なる筐体内の別の論理区画に移動させることができる。

 これにより、アプリケーションのパフォーマンス/可用性の向上とシステム使用率の最適化を図ることができる。また、GUIによる操作画面が提供され、稼働アプリケーションの移動は自動設定または手動で容易に行なうことができる。同ソフトは、POWER4/PowerPC 970/POWER5/POWER5+/POWER6プロセッサ上で稼働する「AIX6」上で利用することができる。


出荷日・発売日 2007年11月9日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは? 【Cylance Japan】 サイトもアプリも、IoT時代のサービス開発を高速化できるWebプラットフォーム 【ニューロベイス】 SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは? 【データコア・ソフトウェア】 2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン 【トレンドマイクロ】 「現場」の長時間労働削減 すぐに始められる改善法の正体 【インターコム】
アンチウイルス 開発ツール 垂直統合型システム 検疫 その他スマートデバイス関連
防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは? サイトもアプリも、IoT時代のサービス開発を高速化できるWebプラットフォーム SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは? 2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン 「現場」の長時間労働削減 すぐに始められる改善法の正体

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020302


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIX > UNIXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ