日立、ディスクアレイサブシステムを機能強化、750G HDDにも対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、ディスクアレイサブシステムを機能強化、750G HDDにも対応


掲載日:2007/11/07


News

 株式会社日立製作所は、仮想化機能を備えたエンタープライズ向けディスクアレイサブシステム「Hitachi Universal Storage Platform V」とエントリモデル「Hitachi Universal Storage Platform VM」の機能強化とスケーラビリティ向上を行ない、12月3日より出荷する。

 今回の機能強化では、ボリューム容量仮想化機能“Hitachi Dynamic Provisioning”の適用範囲が外部ストレージに拡大された。同機能は、ストレージの物理容量に依存せずにサイズの大きなボリューム(仮想ボリューム)を定義できるため、複雑なボリューム容量設計を不要とし、ストレージキャパシティプランニングの手間を削減することができる。データのストレージ実記憶領域への配置を最適化することで、ストレージ容量の使用効率を最大化でき、ストレージシステムの省電力化やランニングコストの改善も可能となる。

 また、スケーラビリティの拡張として、750GB SATA(シリアルATA)ディスクドライブをサポートした。これにより、サブシステム単体での容量スケーラビリティが「V」で最大850TB、「VM」で最大177TB(いずれも物理容量)まで拡大された。性能が重視されるデータは性能に優れたファイバチャネルディスクドライブに格納し、バックアップデータやアクセス頻度の低くなったデータは容量/ビットコスト重視のSATAディスクドライブに格納することで、データ保管コストの低減が可能となる。


出荷日・発売日 2007年12月3日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 【日本ヒューレット・パッカード】 そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
バックアップ環境事例:小松製作所 重複排除で伝送量を85%削減した方法 ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020292


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ