エグゼソリューションズ、Windowsファイルサーバ監視ツール発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エグゼソリューションズ、Windowsファイルサーバ監視ツール発売


掲載日:2007/11/06


News

 株式会社エグゼソリューションズは、Windowsファイルサーバ用の情報漏洩対策/監査用ソフトウェア「FC1 Audit」のダウンロード販売を、開始した。

 「FC1 Audit」は、スタンドアロンから最大200台に対応し、ファイルサーバのリアルタイム監査と脆弱性診断を行なうツール。ファイルサーバにエージェントをインストールする方式のため、クライアントPCからのすべての操作を監視可能となっている。また、サーバ管理者による操作もチェックでき、コンプライアンス要求の高い業界のニーズにも対応する監査を容易に開始することができる。アクセスログの取得やログの調査、レポートを利用できるほか、Windowsファイルサーバ自体の設定状況を確認する脆弱性診断機能も備えている。

 監査対象となるファイルサーバにインストールするスタンドアロン構成に加え、監査用サーバ1台で最大200台のファイルサーバを監査対象として一元管理する構成も可能となっている。なお価格は、監視サーバ1台あたりライセンス買い取り価格が50万円、年間レンタル価格が25万円となっている。


出荷日・発売日 2007年11月5日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「エグゼソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

失敗例から学ぶ「オンラインストレージ」――導入前に確認すべき4つのポイント 【ジャストシステム】 ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】 高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO D」 【日本電気】 肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
失敗例から学ぶ「オンラインストレージ」――導入前に確認すべき4つのポイント ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。 過半数が「ディスク容量不足」に不安、ファイルサーバの課題にどう対応する? 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020274


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ