エプソン、ブラウザを利用した社内情報共有システムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、ブラウザを利用した社内情報共有システムの新版を発売


掲載日:2007/11/02


News

 エプソン販売株式会社は、Webブラウザを利用した社内情報共有システム「Document Browser Ver.2」を、11月15日より発売する。

 「Document Browser」は、各種ドキュメントを社内ポータルサイト感覚で共有化できるWeb情報共有システム。様々なテンプレートや、プログラム不要のフォーム設計により、稟議書管理システムや社内通知文書システムなど、文書管理を中心とした専用業務システムを容易に構築することができる。また、主要な操作はすべてWebブラウザ上で行なうことができ、専任のシステム管理者を介さずに現場(導入部門)主導で運営することができる。

 今回発売される「Ver.2」では、全文検索機能や版管理機能の強化に加え、同社の「オフィリオ」複合機との連携が強化された。同複合機のパネルのワンボタン操作で「Document Browser」の指定キャビネットへPDFファイルを直接保存でき、紙文書を容易に電子化することができる。また、営業部門での営業提案書や設計部門での設計/技術通知文書など、各部門の業務に適応した専用テンプレートをWebサイトから無償ダウンロードできるため、専門知識がなくてもマウスクリックのみで業務システムを構築することができる。

 契約書の管理に特化したセット製品「契約書管理システム」も同時発売される。捺印処理された契約書をネットワークスキャナや複合機で読み取り、OCR(光学式文字読み取り)ソフトでテキスト付きPDFに変換して「Document Browser」に登録することで、契約書を管理することができる。なお価格は、「Document Browser Ver.2」が20キャビネットで年額9万8000円、フリーキャビネットで年額60万円、「契約書管理システム」が10万8000円などとなっている。


出荷日・発売日 2007年11月15日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020248


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ