サン、アプリケーションサーバのマルチリンガル版を無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サン、アプリケーションサーバのマルチリンガル版を無償提供


掲載日:2007/10/31


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社は、Java EE 5(Java Enterprise Edition 5)対応のオープンソースのアプリケーションサーバ「GlassFish V2」をベースとした、日本語版を含むマルチリンガル版のアプリケーションサーバ「Sun Java System Application Server 9.1マルチリンガル版」の無償提供を、開始した。

 「Sun Java System Application Server」は、サーバサイドJavaアプリケーションとWebサービスの開発/配布を可能とするアプリケーションサーバ。従来の「Platform Edition」に比べ、エンタープライズレベルで利用するためのクラスタリング機能や管理機能を強化することができる。対応プラットフォームはSolaris/Red Hat/Windowsで、開発目的/運用目的を問わず無償ダウンロードして使用することができる。

 今回提供される「Sun Java System Application Server 9.1マルチリンガル版」では、パフォーマンスの強化に加え、軽量で設定が容易なインメモリレプリケーション(直接メモリ間で複数アプリケーションのセッション情報をコピーする技術)により、堅固なインスタンスフェイルオーバー(冗長化された待機系への自動再配置)が可能となっている。

 Webサービスのスタック“Project Metro”が統合化され、Microsoft .NET 3.0との間で、セキュアなトランザクションが可能な信頼性とパフォーマンスに優れたWebサービスの相互運用性が提供される。統合プラットフォーム“Open ESB”により、エンタープライズリソースとWebサービスを活用して緩やかに結合されたアプリケーションの構築を可能とする。

 サーバサイドコンポーネントフレームワーク“Enterprise Java Beans 3.0”により、作成するコードの量が30〜90%削減され、エンティティビーンのプログラミングを簡易化することができる。記述が必要なボイラープレートコードの量も削減でき、Java開発者にとっての使いやすさを向上することができる。なお、サポートサービスが必要な場合には、同社が有償でライセンスとサポートサービスを提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020219


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ