SPSS、分析資産管理するプロセス構築ソリューションの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SPSS、分析資産管理するプロセス構築ソリューションの新版を出荷


掲載日:2007/10/24


News

 エス・ピー・エス・エス株式会社は、分析資産の管理や自動化を最適化するプロセス構築ソリューションの新バージョン「SPSS Predictive Enterprise Services 3.0」(PES 3.0)を、10月25日より出荷する。

 「SPSS Predictive Enterprise Services」は、統計解析ツール「SPSS for Windows」のシンタックス/出力ファイルや、データマイニングツール「Clementine」のストリーム/モデル/出力ファイルなどの分析資産を、統合可能な分析環境で利用可能とする製品。今回の新バージョンでは、コンテンツ管理機能を強化して分析資産のセキュリティ保護と監査制御を可能としたほか、自動化とプロセス管理機能の改良により、分析資産の一貫性の徹底や分析に関する生産性/精度の向上を図っている。

 分析資産管理では、バージョンレベルに割り当てられるメタデータが増加し、コンテキストの追加と監査能力の強化が行なわれた。また、有効期限を管理することで、オブジェクトの“新鮮度”を随時確認可能となり、その際“Predictive Enterprise View”を使用することで、すべての分析タスクのデータを1つのビューから表示することができる。分析の自動化とプロセス管理については、モデルライフサイクル管理機能を使用して、日常的なプロセスを容易に自動化し、モデルの精度を向上させることができる。カスタムスクリプト“Python”を使用することで、複雑なジョブを容易に自動化でき、Webサービス機能を利用して既存のビジネス環境と統合することができる。

 分析結果については、分析の元になったデータが異なるアプリケーション(単独/複数)であっても、統合されたレポート機能により効果的な測定と監視を行なうことができる。また、Webベースでカスタマイズ可能な新GUIが採用され、わかりやすいレイアウト/フォームにデザインしてレポートを作成/出力することができる。


出荷日・発売日 2007年10月25日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020142


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ