パスロジ、迷惑メール対策システムに独自ドメインプランを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パスロジ、迷惑メール対策システムに独自ドメインプランを追加


掲載日:2007/10/23


News

 パスロジ株式会社は、迷惑メール対策を備えたWebメールシステム「エコメール」に、独自ドメインを利用可能なプラン「ドメイン・プラス」を追加し、提供する。

 「エコメール」は、メールを送信する際に個別の専用返信先メールアドレスを自動生成し相手の送信メールアドレスと付け合わせる“サイクリック方式”を基に開発され、迷惑メール対策に優れたWebメールシステム。メールの送信する相手1人ひとりに専用の送信先拡張メールアドレスを自動的に割り当て、送信元と個別の専用の送信先の付け合わせによるホワイトリストを作成し、迷惑メールを排除する。

 今回追加されたプラン「ドメイン・プラス」では、独自ドメインで「エコメール」が利用可能となるほか、小/中規模向けに、メール管理者が社内メールを一元管理できる機能を備えている。管理画面では、ユーザ一覧による使用容量/アカウント情報の変更や、アカウントの追加、全ユーザの送受信メールの保存、社内向けに配信するメーリングリストの作成、管理画面の操作ログ取得、アクセス制限や認証方法の切り替えといった設定変更などが可能となっている。

 認証方式はパスワード認証/LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)認証/パスロジック認証(ブラウザで取得した乱数表から利用者がパスワードを生成する認証)から選択でき、同社のワンタイムパスワード製品「パスロジックFA」とも容易に連携することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 脅威は外部攻撃だけではない 内部からの情報漏えいを防止する4カ条 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020121


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ