ビック東海、毎日更新のDBを元にしたWebフィルタリングASPを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ビック東海、毎日更新のDBを元にしたWebフィルタリングASPを提供


掲載日:2007/10/19


News

 株式会社ビック東海は、キャリア/企業向け通信サービス「BroadLine」のASPサービスとして、URL情報が毎日更新/追加されるDBを元にWebアクセスをフィルタリングする「Webフィルタリングサービス」を、10月25日より提供する。

 「Webフィルタリングサービス」では、フィルタリングソフトにアルプスシステムインテグレーション株式会社の「InterSafe」を採用している。ASP形式のため、ユーザ設備への容易な設定変更のみで運用を開始することができる。フィルタリングは、専任リサーチャーがURLの情報を73種類のカテゴリに分類して毎日更新/追加し、管理しているDB(総URL数6455万ページ/2007年9月現在)により行なう。

 ブックマークなどにあらかじめ登録されているWebサイトに加え、メールマガジンに掲載されているURLや、検索エンジンの結果で表示されるテキストリンクなど新規性の高いWebサイトに対してもフィルタリングの設定に基づいてアクセスを制御することができる。これにより、随時ポリシーに基づいたWebアクセスを管理でき、業務効率の向上に加え、情報漏洩やウイルス感染などによるリスクの回避を支援することができる。

 フィルタリングポリシーの設定は、ブラウザベースの管理画面から行なうことができる。通常のアクセス規制に加え、閲覧のみ許可し書き込みを制限する情報発信規制や、あらかじめ設定したパスワードで例外的に規制を解除するオーバーライド規制などの制御を曜日/時間帯別にスケジューリングすることができる。また、ユーザのWebアクセス状況を集計/分析し、月に1度レポート配信することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

InterSafe MobileSecurity 【アルプス システム インテグレーション】 Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter 【アルプス システム インテグレーション】 いまエンドポイントセキュリティに必要な「3つの防御機能」とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 Web Security Gateway(旧 Web Filter) 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
Web閲覧やアプリ利用、社内アクセスまで一括制御できる、専用アプリ不要のスマートデバイス向け統合セキュリティサービス。Safariがそのまま使え既存システムに影響なし。 Webの閲覧やSNS、Webメール等の利用を規制・管理するソフトウェア。携帯キャリア独占の高品質データベースと使いやすさにこだわったログ分析機能を搭載。 いまエンドポイントセキュリティに必要な「3つの防御機能」とは? コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。 クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020078


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ