大塚商会、Microsoft OCS2007環境の構築支援サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


大塚商会、Microsoft OCS2007環境の構築支援サービスを提供


掲載日:2007/10/18


News

 株式会社大塚商会は、電話/メール/テレビ会議/インスタントメッセンジャーなど、統合されたコミュニケーションシステムにより企業内の情報伝達/意思決定を迅速化できるサービス「Microsoft Office Communications Server 構築支援サービス」の提供を、開始した。価格は、個別見積となっている。

 「Microsoft Office Communications Server 構築支援サービス」は、マイクロソフト株式会社のリアルタイムコミュニケーションサーバ「Microsoft Office Communications Server 2007」(OCS2007)の発売にともない提供されるサービス。コンサルティングから構築、サポートまでをワンストップで提供する。企業の現状のコミュニケーション基盤/利用シーンにあわせて、IP電話やテレビ会議など、適切な形で「OCS2007」と通信機器とを連携できるよう支援が行なわれる。

 また、テレビ会議対応機器として、部屋全体の様子を映す360度パノラマカメラ「Microsoft RoundTable」や、ポリコムジャパン株式会社の「OCS2007」専用電話機「Polycom CX」シリーズを提供する。同シリーズでは、統合コミュニケーションクライアント「Office Communicator 2007」を搭載した電話機1機種と、「Office Communicator」搭載PCとUSB接続することで「OCS2007」とシームレスに連動する電話機3機種が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

クラウド型ビデオコミュニケーションサービス「PrimeMeeting」 【ソフトバンク/ポリコムジャパン】 Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ) 【VTVジャパン】 テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】 ビデオ・Web会議用カメラシステム VC520 ミーティングカメラPro 【アバー・インフォメーション】 テレビ会議システム V-CUBE Box 【ブイキューブ】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
ビデオ会議とWeb会議を統合!革新的クラウドサービスの全貌公開 各種端末やWebRTC対応ブラウザ、UCツールからの接続に対応したメディアプラットフォーム。誰もが自由に利用できるテレビ会議環境を低コストで提供する。 ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。 USB接続だけですぐに使えるビデオ会議用カメラシステム。12倍光学ズームPTZカメラ、フルHD1080p出力解像度、エコーキャンセラースピーカーフォンで高画質・高音質を実現。 リモコンで操作ができる会議室設置型のテレビ会議システム。低コストながら高画質・高音質を実現しているため、既存テレビ会議システムのリプレースや拡張にも適している。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020070


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ