ネットエージェント、「Limewire/Cabos」の情報漏洩対策に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットエージェント、「Limewire/Cabos」の情報漏洩対策に対応


掲載日:2007/10/18


News

 ネットエージェント株式会社は、同社のフォレンジックサービスが、P to Pネットワークの1つである「Limewire/Cabos」に関するP to P情報漏洩対策サービスに対応したと、発表した。

 今回提供される「LimeWire/Cabos」調査サービスでは、欧米を中心としたP to Pネットワーク「Limewire/Cabos」による情報漏洩への対策を提供する。「Limewire」は設定ファイルがテキストファイルであるため、暴露ウイルスが悪用しやすい仕組みとなっている。「LimeWire/Cabos」クローラは「LimeWire」ネットワーク全体をクロールしており、目的のファイルを“いつ”/“誰が”/“どの情報を”入手したかを判断することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】 2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目 【日本電気】 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 【日本アイ・ビー・エム】 IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない 【ラピド セブン ジャパン】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策 「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020066


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ