ワンビシアーカイブズ、事業継続のための遠隔ストレージを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワンビシアーカイブズ、事業継続のための遠隔ストレージを提供


掲載日:2007/10/17


News

 株式会社ワンビシアーカイブズは、企業の事業継続性の確保のため、企業システムのバックアップデータを通信回線を介して遠隔地に設置されたストレージ装置へ自動的に伝送するサービス「WANストレージ」を、提供する。

 「WANストレージ」では、都心より60km以上離れた同社のデータセンタに設置された専用ストレージと企業システムを、KDDI株式会社の広域イーサネットサービス「KDDI Powered Ethernet」で接続することでセキュリティを確保している。非同期ミラーリング方式の採用により、RTO(目標復旧時間)/RPO(目標復旧時点)の短縮や、バックアップ取得運用業務の軽減などが可能となっている。

 障害によるデータ損失時にはユーザ企業内に設置する専用ストレージからデータをリストアし、システム自体が被災した際には同社センタに設置された専用ストレージをユーザ企業の指定する拠点に車両で搬送する、といった運用も可能となっている。また、エントリーモデルとして、同社センタ内の専用ストレージ装置に直接データを書き込む「遠隔ストレージタイプ」も提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】 ランサムウェア被害から見えてきたエンドポイントデータ保護対策の6原則 【Commvault Systems Japan+他】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。 専門家によればランサムウェア「WannaCry」は国内外で「非公表のものを含め相当数のデータを破壊した」という。今こそ組織として被害を防ぐ「6原則」を確認しておこう。 データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20020041


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ