東芝、Windows Vista搭載ノートPCのWebオリジナルモデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、Windows Vista搭載ノートPCのWebオリジナルモデルを発売


掲載日:2007/10/03


News

 株式会社東芝は、15.4インチワイドWXGA(1280×800ドット)液晶を搭載したノートPCのWebオリジナルモデル「dynabook Satellite TXW」シリーズを、同社のオンラインショップ「東芝ダイレクトPC by Shop1048」で、発売した。

 今回発売されたのは、Core 2 Duo プロセッサT7250(2GHz)を搭載した「TXW/67DW」と、Celeron Mプロセッサ520(1.60GHz)搭載の「TXW/66DW」。両製品とも、DVDスーパーマルチドライブや無線LAN(IEEE802.11b/g準拠)を内蔵しているほか、Microsoft Office Personal 2007プレインストールモデルの選択も可能となっている。「TXW/67DW」は、デュアルチャネル対応のPC2-5300(DDR2-667)対応SDRAMメモリを標準2GB/最大4GB搭載し、Windows Vista Home Premiumを搭載している。

 「TXW/66DW」は、メモリを標準512MBとし、Windows Vista Home Basicを搭載することで、コストパフォーマンスに優れている。価格は、「TXW/67DW」が15万8800円から、「TXW/66DW」が9万4800円から(いずれも税込)となっている。なお、AVノートPC「Qosmio F40W」のスペックを強化した製品も、発売された。


出荷日・発売日 2007年10月2日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019924


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ