グローバルサイン、厳格な認証プロセスのEV SSLサーバ証明書発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グローバルサイン、厳格な認証プロセスのEV SSLサーバ証明書発売


掲載日:2007/10/03


News

 グローバルサイン株式会社は、厳格な認証プロセスにより信頼性に優れた“EV SSL(強化認証SSL)サーバ証明書”「EV SSL」を、発売した。

 “EV SSLサーバ証明書”は、厳格な認証プロセスの要件定義と標準化を行なうための非営利団体“CAブラウザ・フォーラム”で策定された統一認証基準“EV SSLガイドライン”に完全準拠したSSLサーバ証明書。IE 7で検証した際にはアドレスバーが緑色に変化するため、証明書を自身で開いて認証レベルを確認することが不要で、視認性に優れている。アドレスバーにはWebサイトを運営する組織と証明書の発行認証局も明示され、証明書の信頼性を容易に識別することができる。

 今回発売された同社の「EV SSL」では、期間カスタマイズオプションや追加料金なしでのSGC(古いブラウザでも128ビットの暗号化強度を持たせる機能)対応に加え、発行より1年間の無償再発行や、複数の証明書を一元管理できる“GSパネル”などを利用することができる。


出荷日・発売日 2007年10月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 指ハイブリッド認証 【NEC】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20019918


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ